園長挨拶

1926 年(大正15年)4月、安中の有志25人を発起に安中二葉幼稚園は創立されました。(2016年4月より認定こども園 安中二葉幼稚園)幼児教育の場はまだ珍しい時代にあって、「小さい時から子どもを清く 育てれば国は自然に治まる」という考えのもと、奉仕の心と幼児教育への使命感を持った2人の教師を迎えてスタートし、地域とともに発展してきました。

幼い子どもたちの人格形成、教育の根幹となり、今に引き継がれているのはキリスト教の精神に基づく価値感です。「人間は神様によって造られ、誰もが神様に愛され守られている大切な存在であり、互いに助け合うべき存在である」という聖書の教えに沿って、一人ひとりが輝き、愛されている子どもとして育てられています。

私たちは常に「本当に大切なことは何か」を問い、「生命」を何よりも大切に考えてきました。他方で、教育によって人格は備わっていくとも考えてきまし た。心身の発育段階に合わせて、計画的に教育活動を行い、遊びの中にも意図的な目的をおくのが幼稚園です。たとえば自然体験を通して感性を養い、季節の移り変わりを目と心で感じる。これも自分以外の他の存在に気づき、人を思いやり、愛し合う気持ちにつながっていくといっていいでしょう。

小さな感動を毎日積み重ね、見えないものを感じる心を育むことが私たちの目標です。幼いこの時期に五感を育てる土壌を耕し、心豊かに育つための種を蒔く。安中二葉幼稚園は、子どもたちが大人になっても時々立ち返る心のふるさとでありたいと願っています。

 

 

園長 安田眞理子

幼稚園とは

子どもにとって遊びとは「学習」そのものです。子どもは遊びの中からいろいろなことを学んでいきます。遊びながら自分から興味・関心をもって周囲の友達やいろいろな遊具、道具に意欲的にかかわっていきます。そうすることにより自発性、意欲、思考力、人とのかかわり方が育っていきます。人間形成の基礎を培う幼児期に子ども自らが環境にかかわって展開する遊びを中心にした生活を通して心や体の発達を促すことが幼稚園教育のねらいです。

030s

教育方針

キリスト教精神に基づき 宗教的情操を養い、 幼いうちに他を認め 受け入れることのできる心豊かな人間を育てる。

教育目標

  1. だれもが神様に愛されている大切な存在であることを知らせる。
  2. 健康な心と身体を育て、自立への基礎作りをする。
  3. 友だちや他の人との交わりを通して、人とかかわる力を養う。
  4. ひとりひとりの持っている豊かな素質を発見し、伸ばす。
  5. 生命の大切さ、素晴らしさを知らせる。
  6. 正しくないことには心を向けない強さを育てる。

110s

創立趣意

幼児教育への関心が乏しかった大正末期、安中教会員が幼児教育の重要性を確認し、町の有志に呼びかけ25人を発起人として誕生しました。

ある大家は「我に児童を与えよ左すれば政治などは何人に委せてもよい」と申されました。本当にそうであります。次の代の国を成す国民は実に今の児童であります。児童の心に本当に善い種子を蒔いて善い人物を造っておけば国は自然に治まります。自然に進歩します。政治などは誰がしても安心です。水源が濁っていては幾千年経ても流れは清くなりません。国の流れを清くするには、水源たる児童を清くするに限ります。家のことでも同一理であります。一家の将来の運命もやはりその家の児童の善悪賢愚にあります。    

 

ある教育家は、人の品性の基礎は3歳までの間に定まってしまうと申されました。学校では学問や技術は教えることはできますが既に定まった児童の性質の傾向は容易に改変することはできません。人間の品性の教育、道徳の教育、人格の教育は、なるべく早くまだ固まらない蝋の如き心を持てる幼少の時に、楽しく遊んでいる間に、自然に善い変化が入るように始めねばなりません。これが幼稚園の必要なる所以だと存じます。

 

世界幼稚園の元祖と呼ばれる大教育家フレーベル先生は、人間も自然も同じ神様に造られたので自然は自ずと神様の智恵と大能とを現しているから児童が自然に接している間に知らず知らず神様に感化され、神様を知り、神様に倣うようにするのがその幼稚園教育の主義だとしていられます。私どももこのフレーベル先生の主義に則り真の神様の御教を基礎として児童の教育を為してゆきたいと思います。何卒御同感の方々は私どもの微志に賛成してご協力を願います。

創立趣意書

02

沿革

1926年(大正15年)4月 安中二葉幼稚園創立 発起人25名
1926年(大正15年)5月 開園記念式 園児12名 保育料1円50銭
1945年(昭和20年)3月 園児48名 戦争で当分休園
1945年(昭和20年)10月 幼稚園再開 園児72名
1958年(昭和33年)3月 現在地に第1期園舎78坪完成 教会別館から移転する
1960年(昭和35年)4月 学校法人安中二葉幼稚園認可(群馬県知事)
1963年(昭和38年)8月 遊戯室74坪完成
1967年(昭和42年)5月 園舎二教室増築(54坪)
1971年(昭和46年)9月 園舎二教室増築(47坪)
1975年(昭和50年)10月 創立50周年記念式典
1976年(昭和51年)12月 鉄筋コンクリート新園舎完成(637平米)
1992年(平成4年)3月 駐車場用地市役所より購入(103.89坪)
1994年(平成6年)7月 木造園舎増築(831m2)
1996年(平成8年)6月 未就園児教室「新ひよこクラブ」開始
2003年(平成15年)8月 安中二葉幼稚園ホームページ開設
2004年(平成16年)5月 「0・1ひろば すまいる」開始
2006年(平成18年)8月 軽井沢に「ふたば山荘」設置 (創立80周年記念事業)
2006年(平成18年)10月 創立80周年記念式典
2015年(平成27年)3月 現在までの卒園児数6,307名
2016年(平成28年)4月 認定こども園へ移行

1014

To Top